2015
06.13

2015.06.13

Category: 90OF水槽

げーっ!
もう前回の記事から約一ヶ月経つ〜
早っ。


体を黒化していたロート雌ですが最近は黒くなる事も少なくなりました。
塩浴の後ピートを入れて水を茶色くしてみたり…
ちょくちょく換水してみたり…
結局効いたんだか効いてないんだかよーわからんです;

ロート雌を見ていて思うのですが
うちに来た時より大分体色が変わりました。


726
↑これ、うちに来たばっかの時のロート雌
きゃー☆流石はプロブリーダーの仕事、美しい!

sakana-727.jpg
↑これ、今年4月25日撮影のロート雌
…ホリゾンタルラインがガッツリ消失しており
青面積が大分減りました。
同じ個体とは思えんよ;


雌個体だから赤が濃くなるのは当然なんでしょうが
この変化は「雌だから」では片付かない様な気がする。

もちろんブリーダーさんの所のドイツの水質、
又は購入店チャオチャオさん所の水質とうちの水質は違います。
…断然うちのが悪いに決まってるぜ!
濾過はまだまだだし何せエビも溶ける水質だからな!(ドヤ顔)

水質については置いといて
餌はどうなんだろう?

ロートペアに与えていたのは9割「赤虫」
最近少〜しハンバーグを与えていますが
やはりハンバーグを与えると途端に水面が泡立ってしまうので
正直与えたくなかったりします。
乾燥飼料は問題外。
ロートペアにとって乾燥餌はゴミ以外の何者でもない様で
華麗にスルーします。

…と言う事でほぼ赤虫だけしか食してないって事ですね。

勿論それでも飼育出来ると思いますが
動物性の餌ばかりでは栄養が偏るのでは???
とか思う訳です。

これが体色の変化と直接関わりが有るのかは分かりませんが
やはり以前の様な美しいラインを取り返したいと思う訳で
ダメ元で色々やってみよう!

先ずはこれ、
sakana-748.jpg
「スピルリナ」ハンバーグ

動物性食物ばっかりでドロドロになった血液を食物繊維でサラサラに☆

「アスタキサンチン」は急激に赤を上げるのに対して
「スピルリナ」は個体本来が持つ色をじわじわと上げてくれる…らしい。

スピルリナは普通のハンバーグと比べると汚れにくい印象
与えた後、水面に油分が浮きません。
こちらのスピルリナハンバーグを与えて
かれこれ2週間が経ちました。

結果、
725
↑どうよこれ?!

…ちょび〜っと青ライン戻ってません?
すげー嬉しいんですけど☆
スピルリナ様様です。
今後も与え続けようと思うよ。






Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://aquarium801.blog.fc2.com/tb.php/217-8d6fecbc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top